上里町のような集落形成が定着している地方の田園都市では、各集落と生活拠点のネットワークを強化し、各拠点を手軽に行き来できる交通手段の確保がまちづくりの課題となっております。

 上里町では、このような中、地方の先駆け的な発想で、ローカルスマートシティが実現できなか検討しており、超小型モビリティを活用したまちづくりの可能性について、企業・学識・行政で研究する組織として「上里町超小型モビリティ利活用推進協議会」が設置されました。

1.上里町超小型モビリティ利活用推進協議会について

趣旨

安全・安心で環境にやさしい暮らしやすい上里町の実現のため、超小型モビリティの利活用によるまちづくりの可能性を検討するとともに、市場導入に向けての研究、実車実験などを行うため「上里町超小型モビリティ利活用推進協議会」を設置する。

協議事項

(1)超小型モビリティの利活用によるまちづくりに関する総合的な検討
(2)超小型モビリティの市場導入に必要なものづくりから運用・サービスにわたる総合的な検討
(3)産学官連携による事業体制の構築
(4)その他超小型モビリティの普及推進に寄与する事項

協議会メンバー

上里町長(協議会会長)、上里町議会議長、上里町区長会長(協議会副会長)、上里町商工会長、日本工業大学大学院 横田 悦二郎 教授、第一工業大学 衣川 功一 准教授、一般社団法人国際技術交流協会、国土交通省大宮国道事務所、埼玉県北部地域振興センター本庄事務所、埼玉県道路政策課、埼玉県本庄県土整備事務所、埼玉県都市計画課、本庄警察署、上里町関係課、HTM-Japan

上里町超小型モビリティ利活用推進協議会設置要綱(PDF:183KB)
※超小型モビリティ認定制度について・国土交通省
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000043.html

2.実車実験(車両の無料貸出)等について【貸出は終了しました】

軽乗用車より小ぶりで2人乗りの新たな電気自動車を、まち乗りとして活用しながら、暮らす人々が省エネ且つ容易に外に出かけ、有意義に生活できないか、協議会の検討結果をもとに、国土交通省が進めている「超小型モビリティ認定制度」を活用して、町民の皆様にも御参加(乗車)頂きながら、超小型モビリティの実車走行社会実験を行います。

※詳細:超小型モビリティ利活用推進協議会HPを御覧ください。

(1)実証実験住民説明会を開催します。 【終了しました】

日時:平成27年10月24日(土曜日)
(第一回)10時30分~、(第二回)14時00分~、(第三回)17時00分~
場所:ワープ上里(先着500席)

(2)かみさとふれあいまつりにて試乗体験を行います。 【終了しました】

日時:平成27年11月1日(日曜日) 10時00分~14時00分
場所:堤遊水池グラウンド(かみさとふれあいまつり会場)

(3)『関東の町村で初!』超小型モビリティが町内走行!発車式典を開催します。 【終了しました】

日時: 平成27年11月30日() 10時30分~
場所: 上里町役場1階 町民ホール
主催者: 上里町
参加者: 関東運輸局 、埼玉県 、埼玉県議会 、上里町議会 、上里町区長会 、上里町商工会 、日本工業大学 、第一工業大学

※『関東の町村で初!』超小型モビリティが町内走行!発車式典を開催します。(PDF:262KB)

(4)防災フェスティバルにて動く蓄電池超小型モビリティ実証実験を行います。

日時:平成28年8月27日(土曜日)午後2時30~
場所:堤遊水池グランド
※雨天中止の場合、翌日に順延。

地域ぐるみの防災力強化に向けた活用実証実験(PDF:474KB)