子育て支援サイト むぎゅっと

麻しん(はしか)の発生について

 現在、沖縄をはじめ国内の地域で麻しん(はしか)の患者が発生しています。

麻しんは麻しんウイルスの感染によって起こります。麻しんは感染力が非常に強く、今後も地域的な流行が拡大する可能性がありますので、麻しんに対する免疫を持たない乳児などは特に注意が必要です。

 麻しんの症状は、感染すると10日から12日の潜伏期間(症状のない期間)を経て、38℃程度の発熱、風邪のような症状(上気道炎、倦怠感)が出現します。その後、高熱(多くは39.5℃以上)となり、耳の後部や首のあたりから始まる発疹が出現します。その後多くは7日から10日で回復します。

  沖縄や海外渡航歴のあるかた、麻しん(はしか)の患者と接触した方で、高熱、せき、鼻汁、めやに、発疹等の症状があるかたは、まず保健所へ電話でご相談ください。

  本庄保健所 0495-22-6481

 

詳細は埼玉県ホームページ、国立感染症研究所ホームページをご覧ください。

埼玉県ホームページ(麻しんについて)  外部サイトへ

国立感染症研究所(麻しんについて)  外部サイトへ

 

麻しん風しん(MR)ワクチン接種について

 

 麻しん(はしか)は感染力が非常に強く、予防接種が唯一の予防策となります。

 定期予防接種の対象年齢の方は、早めにワクチンを接種しましょう。

【定期予防接種の対象者】

 (1)1歳児

 ・1歳になったお子様は、お誕生日になったらすぐに麻しん風しんワクチンの接種を受けましょう。

 (2)小学校入学1年前の幼児(今年度6歳になる者)

 

 

海外での感染症予防について

 海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるように、出国前に、

海外で注意すべき感染症およびその予防対策を確認しましょう!

 感染症によっては予防接種で防ぐこともできます。

ゴールデンウィーク における海外での感染症予防ついて(厚生労働省ホームページ)

蚊を介する感染症に注意しましょう

 蚊が発生する季節を迎えます。

 ウイルスなどの病原体に感染した人や動物の血を吸った蚊に刺されることで、さまざまな感染症に

かかる恐れがあります。海外では蚊を媒介とする感染症が多く報告されており、昨年は中南米地域で

ジカウイルス感染症が流行しています。また、海外で感染して帰国した人から、国内に感染が拡大す

ることを防ぐ必要があります。

 

 蚊が媒介する感染症にかからないためには

 住民一人一人が、感染症の流行地域で蚊に刺されない、住まいの周囲に蚊を増やさない対策をするこ

とが重要です。

 

感染症流行地域では、蚊に刺されないようにしましょう。

・海外へ渡航する際には、渡航前に現地での流行状況を把握しましょう。もし、蚊を媒介とする感染症の

流行地域へ渡航される場合には、蚊に刺されないように万全な対策をしましょう。

・ジカウイルス感染症は胎児の小頭症との関連が指摘されていますので、妊婦や妊娠の可能性のある方は、

渡航を控えるか、蚊に刺されないように徹底してください。

・屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に

刺されないようにしましょう。

・網戸や扉の開閉を減らし、蚊取り線香を昼間から使用するなど、できる限り家の中への蚊の侵入を防ぎ

ましょう。

 

住まいの周囲に、蚊を増やさないようにしましょう。

・蚊は、植木鉢の受け皿や屋外に放置された空き缶に溜まった雨水など、小さな水たまりで発生するので、

日頃から住まいの周囲の清掃を心がけましょう。

・1週間に1度程度は、雨水が溜まった容器を逆さにするなど、住まいの周囲の水たまりを無くすように

しましょう。

 

蚊の活動は概ね10月下旬頃で終息します。これらの対策は10月下旬頃までを目安に行いましょう。