「ヒアリ」にご注意ください(※埼玉県内では確認されていません。)

・ヒアリは、南米原産の体長2~6mm(大きさにバラつきがある)の赤茶色のアリです。
・本来、日本には生息しないアリですが、平成29年5月下旬以降、兵庫県、愛知県、大阪府、東京都の港湾施設で確認されています。
・海外からの輸送船を介してコンテナや貨物に付着して侵入してきたと考えられます。

・現在、国内での定着は確認されていません。

・埼玉県内では、まだ確認されていませんが、広域流通拠点を介して侵入する恐れがあります。

土でドーム状の大きなアリ塚(直径25cm以上高さ15cm以上)を作ることがヒアリの特徴です。国内在来のアリは、土でアリ塚を作りません。

 

〇「ヒアリ」を発見したら
・お尻の毒針で刺されると火傷のような激しい痛みと水ぶくれ(水疱)ができるので注意が必要です。
・極めて攻撃的なので、刺激したり素手でつかまえたりしようとせず、熱湯や市販のアリ用殺虫剤(成分:フィプロニル)をかけるといった方法で、殺虫してください。
・万が一、刺されてしまった場合には、速やかに医療機関を受診してください。

 

〇埼玉県の相談窓口
※「疑わしいアリ」を発見した場合
 みどり自然課(電話:048-830-3143)

 または環境管理事務所(電話:048-523-2800)で相談に応じています。
※アリに刺された場合(健康相談)
 保健所(電話:0495-22-6481)で健康相談に応じています。
※「ヒアリ」ほか、特定外来生物に関する問合せ
 環境省関東地方環境事務所(電話048-600-0516)

 

〇「ヒアリ」についての詳細な情報については環境省のHP等をご覧ください。
 環境省HP
  ヒアリの見分け方(暫定版:環境省作成)(PDF:144KB)

  https://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/documents/hiari-miwakekata.pdf
  アリに関するFAQ

   https://sites.google.com/site/iussijapan/fireant
  ヒアリリーフレット(ストップ・ザ・ヒアリ)

  https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf