子育て支援サイト むぎゅっと

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための保育所・放課後児童クラブの対応方針の改定について

 今般の新型コロナウイルス感染症の動向に鑑み、保育所や放課後児童クラブ等の対応方針について、以下のとおり改めましたのでお知らせいたします。

 なお、今後も国や埼玉県から発表される通知や方針によって内容が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

1 趣旨

 上里町内における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、保育所等や放課後児童クラブに関する対応方針を定めます。

2 方針の対象

 上里町内の保育所・認定こども園・放課後児童クラブ

3 対応方針

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点に基づき、保育所等や放課後児童クラブで、新型コロナウイルス感染症発症者及び感染者が発生した場合の対応方針については、次の通りとします。

1 児童、職員の登園等について

 (1)児童又は職員が新型コロナウイルス感染症に罹患した場合
 児童又は職員が罹患した場合、当該児童及び職員は登園等することができません。
 登園等不可となる期間は、保健所等が指定する療養期間が解除されるまでです。
  (参考:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)(令和3年2月25日付け健感発0225第1号)

 (2)児童又は職員が濃厚接触者に指定された場合
 児童又は職員が濃厚接触者に指定された場合は、当該児童及び職員は登園等することができません。
 登園等不可となる期間は、濃厚接触者の健康観察期間が解除されるまで※です。
  ※原則として陽性者と最終接触があった日から7日間
  (参考:B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株特徴を踏まえた感染者発生場所毎の濃厚接触者特定及び行動制限並に積極的疫学調査実施について(令和4年3月16日付け厚労省事務連絡)

 (3)児童又は職員の同居家族等が濃厚接触者に指定された場合
 児童又は職員の同居家族等が濃厚接触者に指定された場合であっても、当該児童又は職員に発熱等の症状が無く、その児童又は職員の同居家族等も症状がない場合は、登園等することができます。
 ただし、感染拡大防止の観点から、自宅での保育が可能である場合は、家庭での保育に御協力ください。
 
 (4)児童又は職員、及びその同居家族等に発熱等の風邪症状がある場合
 児童又は職員、及びその同居家族等に発熱等の風邪症状がある場合は、登園等しないでください。ただし、医療機関を受診する等して、新型コロナウイルス感染症でないことが明らかである場合は、登園等することができます。
 症状の有無によらず、児童又は職員が新型コロナウイルス感染症に係る検査を受けた場合は、その検査結果が陰性とならない限りは、登園等しないでください。ただし、濃厚接触者として健康観察期間が指定されている場合は、検査結果が陰性であってもその期間が解除されるまで登園等することができません。

 

2 臨時休園、登園自粛について

 (1)臨時休園と登園自粛・協力保育
 臨時休園…施設の全体又は一部を休園とし、その対象となる児童は登園できない。
 登園自粛…施設の全体又は一部の児童に登園の自粛を要請する。ただし、その対象となる児童であっても、1(1)~(4)の登園できない場合に該当せず、かつ家庭での保育が難しい場合は登園できる。
 協力保育…登園自粛に同じ。

 (2)施設の臨時休園等について
 当該施設の児童又は職員に罹患が確認された場合は、施設において濃厚接触者の特定を行います。
 「濃厚接触者」とは、陽性者の感染可能期間内※に接触した者のうち、次の範囲に該当する方を言います。
  ※感染可能期間内:発症日の2日前から、診断後に隔離開始されるまでの間
  (1)患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった方
  (2)手で触れることの出来る距離(目安として1m)で、マスクなどの必要な感染予防策なしで、陽性者と15分以上の接触があった方(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断)
  (3)適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた方
  (4)患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
   (参考:国立感染症研究所「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」
 同一施設で濃厚接触者が複数発生した場合等、感染拡大のおそれがあると判断される場合には、上里町から当該施設に対し、臨時休園等の要請を行います。また、陽性者や濃厚接触者等が発生していない場合でも、感染拡大防止のため必要であると判断される場合には、臨時休園等の要請を行います。
 町から臨時休園等の要請があった場合は、保育料の日割り計算を行います。要請がない場合は日割り計算されませんので、予めご了承ください。
 

3 感染拡大防止対策について

 (1)基本的な予防について
 手洗いや手指消毒、マスク着用、うがい等の一般的な感染症対策やこまめな換気等を徹底してください。
 児童へのマスク着用について、2歳未満の着用は推奨しません。
 2歳以上の就学前児童についても、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律に求めるものではありません。ただし、施設内に感染者が生じている場合等においては、可能な範囲でのマスク着用を求めることがあります。その場合は、児童の体調変化に十分注意するほか、児童本人の調子が悪い場合等は無理に着用させず、外すようにしてください。
 就学児については、他者との身体的距離(2m以上を目安)が確保できる場合や、会話をほとんど行わない場合には、マスク着用の必要はありません。
 その他日々の体温計測等、健康管理には十分御留意ください。
  (参考:保育所等における新型コロナウイルスへの対応にかかるQ&Aについて(厚労省事務連絡)
      マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて(厚労省資料)

 (2)施設における対策について
 (1)同様、一般的な感染症対策や、こまめな換気、適切な消毒の実施等の徹底をお願いします。
 食事や各種活動等においては、一定の距離を確保する等、密集の回避に努めてください。また、各種行事の実施にあたっては、感染防止対策に十分御留意のうえ、内容の見直しや参加人数の制限等、実施方法の工夫に努めてください。
  (参考:保育所等における新型コロナウイルスへの対応にかかるQ&Aについて(厚労省事務連絡)

 

メニュー


担当業務

  • 青少年健全育成に関する事務
  • 青少年の非行防止に関する事務
  • 母子及び父子並びに寡婦福祉に関する事務
  • 児童手当及び児童扶養手当、特別扶養手当に関する事務
  • 児童館及び放課後児童対策に関する事務
  • 保育の実施に関する事務
  • 各保育所及び児童館との連絡、指導等に関する事務
  • 無届無許可児童施設に係る調査報告、立入検査等に関する事務
  • 認可外保育施設に対する届出等に関する事務
  • 児童福祉法(昭和22年法律第164号)に関する事務
  • 児童虐待に関する事務
  • ひとり親家庭等医療費の資格認定に関する事務
  • 男女共同参画社会の実現に関する施策の企画及び調査研究並びに調整に関する事務
  • 男女共同参画審議会に関する事務
  • 男女共同参画推進センターの管理及び運営に関する事務
  • 男女共同参画推進センター運営委員会に関する事務
  • 住宅資金貸付事業(償還事務)に関する事務
  • 人権擁護委員及び人権施策に関する総合調整に関する事務
  • その他、他の所管に属さない人権施策に関する事務