子育て支援サイト むぎゅっと
個別接種(委託医療機関にて実施) 二種混合  11歳以上13歳未満
日本脳炎 9歳以上13歳未満(第2期)
子宮頸がん 小6~高1相当

日本脳炎予防接種第2期について

 令和3年度に日本脳炎ワクチンの供給量が減少したため、令和4年度の日本脳炎2期の個別通知対象者を一部変更しました。

 令和3年度に通知を送付する予定だった平成24年度生まれの方へ、令和4年4月に個別通知を送付しました。

 接種期間が変更となったわけではありませんので、13歳のお誕生日の前日までに接種をお願いします。

 また、接種対象期間の期限が近づいている方は、早めに接種することをお勧めします。予診票がお手元にない方は、保健センターまでご連絡ください。

 

子宮頸がん予防接種について

 平成25年6月より「子宮頸がん予防接種」の接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が特異的に見られたことから、積極的勧奨が差し控えられてきました。その後、国の検討会において、最新の知見を踏まえ、子宮頸がん予防接種のワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。このため、令和4年度より子宮頸がん予防接種の積極的勧奨が再開されました。

 対象となる方へ個別通知を送付します。通知をよくお読みいただき、ワクチンの有効性と副反応についてご理解のうえ、予防接種を受けてください。

 

定期接種

 接種対象者:小学6年生から高校1年生相当の女子   *標準的な接種年齢は中学1年生

 接種方法:使用するワクチンには2種類あり、そのワクチンによって接種方法が異なります。

      3回とも同じワクチンを接種します。

種  類

回 数

標準的な間隔

サーバリックス®

(2 価)

3

2 回目 

1 回目の接種から 1 か月後

3 回目   

1 回目の接種から 6 か月後

ガーダシル®

(4 価)

2 回目

1 回目の接種から 2か月後

3 回目   

1 回目の接種から 6 か月後

 

○積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への対応(キャッチアップ接種)

 これまでの積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方は、従来の定期接種の対象年齢を超えて接種することができることとなりました。

 対象者と実施期間は次のとおりとなります。対象となる方へ個別通知を送付します。

※積極的勧奨の差し控えにより定期接種の対象年齢を過ぎて任意接種を自費で接種した方については、現在対応を検討中です。詳細が決まり次第お知らせします。

 キャッチアップ接種対象者:平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれで、

              過去に子宮頸がん予防接種を受けていない方

 キャッチアップ接種実施期間:令和4年4月~令和7年3月31日まで

 

 詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

 ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~:

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

 

 

子宮頸がん予防接種費用助成

子宮頸がん予防接種費用助成について
  子宮頸がん予防接種の積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方が、定期接種の期間以降に自費
 で子宮頸がん予防接種を接種した場合は、接種費用を助成します。"


●対象者
 次の全てに該当する場合のみ対象となります。
  1.令和4年4月1日時点で上里町に住民登録がある方(令和4年4月2日以降に上里町を転出した方も対象です)
  2.平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女性
  3.16歳となる日の属する年度の末日までに子宮頸がん予防接種を3回完了していない方
    4.17歳となる日の属する年度の初日から令和4年3月31日までに日本国内の医療機関で子宮頸がん予防
    接種(2価又は4価)の任意接種を実費で受けた方"


  ※令和4年4月1日時点で上里町に住民登録がない方は、令和4年4月1日時点で住民登録のあった自治体へ
   お問合せください。    


●助成内容

 (1)回数
  3回まで
 (2)助成金額
  【領収書を提出する場合】
   医療機関に支払った予防接種費用の全額
  【領収書を提出できない場合】  

接種日 助成額(1回)
平成26年 4月1日から令和元年9月30日 16,860円
令和元年10月1日から令和 3年3月31日 17,173円


●申請期限
  令和4年10月1日~令和7年3月31日まで

●申請手続き
下記の書類を提出してください。
 (1)申請書(様式第1号) 様式第1号.pdf
 (1)請求書(様式第5号)様式第5号.pdf  様式第5号 記入例.pdf
  ※(2)は記入例を確認の上、ご記入をお願いいたします。
 (3)身分証明書(本人、代理の方が申請される場合は双方のもの)
 (4)接種費用の支払を証明する書類(領収書および明細書、支払い証明書等)
 (5)接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄等)
  ※(5)がない場合は、上里町保健センターまでご相談ください。
 (6)印鑑(朱肉を使用するもの)
 (7)振込口座が確認できるもの

●問い合わせ先
 保健センター
 0495-33-2550

 

 

予防接種を受ける際の注意事項

(1)年齢の数え方
 予防接種法で定義される「○歳~△歳未満」とは、「○歳の誕生日の前日~△歳の誕生日の前日まで」となります。この期間外で接種すると予防接種法に基づく接種となりません。

(2)保護者同伴
 お子さんが安全に予防接種を受けるために、予防接種法では、日頃のお子さんの体質、体調などを把握している保護者が同伴することが原則になっています。しかし、何らかの理由で保護者が同伴できない場合は、お子さんの日頃の健康状態が良くわかる親族等が代わりに連れて行くことは可能です。その際には、予診票の下方にある 「保護者自署」の欄に、必ず保護者が事前にサインしてください。接種当日は、同伴した方のサインも頂きます。

【お願い】

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、同伴される方は1人(最小人数)とし、できるだけマスクの着用等をお願いします。医療機関へ行かれる際は3密を避ける様にご協力ください。その他の事項につきましては、医療機関の指示に従っていただくようお願いします。

 

(3)『予防接種と子どもの健康』をよく読みましょう

 予診票と一緒に『予防接種と子どもの健康』を配布しています。予防接種の効果や副反応が記載されていますので、必ずお読みください。

 

(4)接種時期や接種間隔に気をつけましょう

 予防接種の種類によって接種時期や接種間隔が定められています。定められた接種時期を過ぎると、任意接種となり費用も自己負担となりますのでご注意ください。

 

(5)転入・転出された場合

  転入された方・・予防接種の履歴を確認した後で、予診票をお渡しします。

          母子手帳などの予防接種の履歴がわかるものを持参し、保健センターでお手続きいただくか、転入翌月に送付する通知で手続きをしてください。

  転出される方・・転出先の市町村でお手続きをお願いします。

 

お問い合わせ 保健センター(33-2550)