子育て支援サイト むぎゅっと

 早期不妊検査費・不育症検査費助成事業が変わりました

 平成29年度より、不妊検査費用の助成をしておりましたが、平成30年度より、不育症検査の助成

も始まりました。また、不妊症検査についても平成30年度より変更があり、助成を受けやすくなり

ました。

  平成30年度からの主な変更は次のとおりです。

  ・不育症検査費の助成の開始

  ・不妊検査費の検査期間が6か月以内から1年以内に延長

  ・新たに「不妊検査・不育症検査助成対象医療機関」(埼玉県ホームページで公表)で実施された

   不妊症の診断のために必要な検査については、保険診療分も助成の対象に変更

  ・「1年以上前から上里町に住民登録をしていること」の要件を削除

 対象者

  次の要件全てに該当する方

 (1) 法律上の婚姻関係にある夫婦であり、助成金の交付申請日において、双方または一方が上里町に

  住民登録をしていること

 (2) 検査開始時の妻の年齢が43歳未満であること

 (3) 町税に滞納がないこと

 (4) 医療保険各法における医療保険に加入していること

 (5)夫婦共に不妊検査を受けていること(不妊症検査のみ)

 (6)2回以上の流産、死産、あるいは、早期新生児死亡の既往があること(不育症検査のみ)

 

 助成対象検査

 (1)不妊症検査

  ・夫婦が共に受けた不妊検査で、検査開始日から1年以内もの

  ・指定医療機関又は 不妊検査・不育症検査助成対象医療機関の医師が不妊症の診断のために必要と認める

  一連の検査(保険対象、保険対象外は問わない)または、医療療機関の医師が不妊症の診断のために必要と

  認める保険対象外の検査

 

 (2)不育症検査

  ・夫婦が共に受けた不育症検査又は、妻のみが受けた不育症検査で、検査開始日から1年以内のもの

  ・指定医療機関又は 不妊検査・不育症検査助成対象医療機関の医師が不育症のリスク因子の検査のた

  めに必要と認める一連の検査(保険対象、保険対象外は問わない)または、医療療機関の医師が不育

  症のリスク因子の検査のために必要と認める保険対象外の検査

 

 助成内容

 上記検査した費用の自己負担額を同一夫婦1組につき1回限り、それぞれ2万円を限度とする。

 

 申請方法

 (1) 上里町早期不妊検査費・不育症検査費助成事業申請書(様式第1号)

 (2) 上里町早期不妊検査費実施証明書(様式第2号) (不妊検査のみ)

 (3) 上里町不育症検査実施証明書(様式第3号) (不育症検査のみ)

 (4) 不妊検査・不育症検査費に係る領収書及び明細書(原本)

 (5) 戸籍謄本

 (5) 医療保険証

 

 医療機関の証明書類の取得に時間がかかる場合がありますのでご注意ください。

 申請にあたり検査の状況等詳細をお伺いする場合があります。

 内容確認のため、事前のご相談をおすすめしています。

 下記までお問合せください。

         

お問い合わせ先

 上里町保健センター

    TEL:0495-33-2550